【FXならDMM.com証券】為替取引はスマホでトレードする時代

【FXならDMM.com証券】為替取引はスマホでトレードする時代

いつでもどこでも取引できる優位性を

世の中に浸透しつつある本業以外での収入。
不動産投資(ワンルーム)や、NISA(株式投資の少額非課税制度)をやっている人も多いですが、何かと手間や時間がかかってしまい億劫になってはいないでしょうか。

通勤時間や、昼休み、ちょっとした時間を使って何か出来ないかなと考えている人にはFX(証拠金為替取引)が向いているのかもしれません。

では、これからFXをはじめたいけれど、まず何をすべきか
為替の勉強のために本を読む。知識を得るためにブログを読む。有効な取引手法を勉強する。
ネットで情報を探してあれやこれやとしているうちに、あれ…何するんだっけとなっていませんか?

アナタがしなければならないのは、まず取引口座の開設です。
口座は無料で作れますし、キャンペーンなどで現金のキャッシュバックを得ることも出来ます。
口座開設には時間がかかることもあるため、時間があるときにまずすべきことは口座を作ることなのです。

 

まず最初に作っておきたい取引口座

もしどこの口座も持っていないのでしたら、あれが良いかも、これが良いかもと悩んでいる時間は完全に無駄です。

なぜならそれは、使ったことも無いのに、いくら情報を集めたところでそれは無駄なのです。
気になる取引口座があれば、まず作ることを最優先すべきです。
そして、初心者の方が最初に作る取引口座で、選ぶ際に必ず押さえておきたい3つのポイントがあります。

・デザイン性(見やすい画面かどうか)
・操作性(玄人向けの複雑なシステムだけでなく、シンプルな操作が出来ること)
・取引手数料(業界の水準において、低水準であること)

これらの条件を満たし、まず初心者の方に作っておいて欲しい口座はDMM.com証券です。
DMM FXは初心者向けの取引口座として多くの方が利用しているため、ネット検索を掛ければ、すぐにどのような人がどのように使っているのかすぐに調べることが出来るため、操作や設定で困ることはまず無いからです。

ただ、多くの人が使っているからと言って、良いとは一概には言えません。
メリットやポイントを書いておくので、先ほどの必ず押さえておきたい3つのポイントに当てはまり、自分と合っていそうであれば、まずはDMM.com証券の口座開設を行いましょう。

 

FX初心者の口座開設ならDMMFXにすべき3つの理由

1.アプリの操作性、チャートの見やすさはトップクラス

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXには選ばれる理由があります。

その1つめは、それはデザイン性の高さです。

FX(証拠金為替取引)というのは、多くの人が “部屋にたくさんのモニターを設置して行うもの” というイメージをいまだに持っているようですが、現実には違います。スマホで多くのことが完結出来るようになっている世の中ですので、スマホで取引している人が多いのはもはや必然とも言えます。

そのため、証券会社各社はスマホでのデザイン性をかなり重視しており、チャート、機能、ユーザーインターフェースの利便性をかなり高めてきています。
その中でも、操作性、チャートや数字が見やすDMM FXは初心者向けとしてオススメです。

スマホの縦向き画面

 

スマホの横向き画面(スマホを横に傾けてみてください)

 

ボリジャーバンドもボタン1つで展開

※ボリジャーバンドとは
ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです
ジョン・ボリンジャー氏が考案したもので、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標の1つになります。

もちろんスマホだけでなく、PCで多くの情報を展開しながらの取引も出来ることから初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツールと言われているわけですね。

 

2.低コスト取引を実現する業界最狭水準スプレッド

2つめに、取引する際のスプレッドが業界内で最狭水準だということです。

スプレッドというのは、買い値と売り値の価格差のことです。

この価格差が証券会社に支払う手数料になるわけですから、取引の際には非常に重要です。
価格差が狭ければ狭いほど有利になることは、覚えておいて損は無いと思います。

ドル円が3銭という証券会社も実際にはありますから、取引するだけで損をしてしまうなんてことも。
《ドル円0.3銭》これ以上の証券会社を利用する際は注意してください。

DMM.com証券は “全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!“というのを常に掲げています。
投資家が、より有利に取引が行えるようにするためです。
証券会社の儲けは少なくなってしまうのですが、顧客数が莫大に多いために規模の利益で稼いでいるのです。
企業と顧客、両者の関係がwin-winな証券会社を利用すべきなのは言うまでもありません。

某証券会社さんと比較(左 DMM.com証券:右 某証券会社)

売り(Bid)と買い(Ask)の値の差がスプレッドなのですが、右側の証券会社の差の方がDMM.com証券より大きいのが見てわかります。手数料をそれだけ多く取られているということですので、”全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!“と常に業界の最狭を目指すDMM.com証券を使わない手はありません。

 

 

3.即時入金(クイック入金)できる金融機関が全国に約300以上

3つめに、いつでも24時間取引が開始できる即時性があることです。

取引を始める時は、まず証券会社が対応している金融機関から入金しなければなりません。
その際、DMM.com証券の口座に、現在お持ちの金融機関の普通口座から入金することになります。

この入金手続きに通常入金だと時間がかかることが多いです。

DMM.com証券クイック入金機能を使えば、リアルタイムで口座に金額が反映されるので、即座にトレードを始める事ができます。ネット送金できる金融機関をお持ちであれば、ほとんど対応することが可能ですので是非活用してください。

 

 

3つの理由以外のメリット・そしてデメリットも確認しておこう

先ほどのメリット以外にも押さえておきたいメリットがあります。

平日24時間、LINEで対応してくれるサービス(チャットのように受け答えしてくれます)
・公式のホームページでは、AIが受け答えをしてくれます(もちろんオペレータに繋ぐことも可能)
取引毎にDMMポイントが貯まる(ポイントは現金に交換できます)
 概要は公式の説明を引用します


デメリットも確認して対策をしよう

取引は1万通貨単位(※必要証拠金4万円が必要)なので、少額(1万円以下)から始められないことです。
解決策としては、取引に慣れるまではまずデモトレードをしっかり行うことです
どれぐらいの値が動くのか、自分の判断は正しいか、利確・損切りはしっかり行えるか
 DMM.com証券は、これらを無料で試せるのがメリットでもあります。
デメリットをしっかり理解して取引を行いましょう。

 

スキャルピングを行う人には使えない口座
DMM.com証券は、店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款の7章禁止行為(9)で、「短時間で注文を繰り返す行為」が禁止されています。よってしたくてもそもそも出来ません。
これには理由があり、そもそもスキャルピングトレードは損失を出しやすいとも言われており、DMM.com証券は取引者の保護を目的に禁止をうたっています。

スキャルピングとは
数銭から数十銭という小さな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法のことです。 スイングトレード(短中期売買)やデイトレード(短期売買)よりも、更に短期間で薄利狙いなのが特徴です。

 

口座開設の準備をしよう

DMM.com証券のホームページを開き、サイトへ進むをクリックして必要事項を記入していく。
・本人証明を行う。(運転免許証・健康保険証・マイナンバーをスマホの写メでアップロードできます)
・数日後、DMM.com証券から送られてくる書類に記載されているパスワードでログイン。
・クイック入金すれば取引開始

これだけです。
こんなに簡単で良いのでしょうかというくらいに簡単です。

DMM.com証券では、実際の資金を使わず、架空の資金でデモトレードも出来るのでDMM FXは初心者向けに機能を充実させてくれています。
何度も繰り返しますが、口座開設は無料です。
取引に興味があるのであれば、まずはそこから一歩始めて見ましょう。


 

初心者の方にまず読んで欲しい書籍も紹介しておきます

・入門書として読みやすいです。
わかりやすく基礎基本を抑えることが出来ます。

・チャートの基本がわかります
チャートを読み解くテクニカル分析のポイントが学べます
こちらも非常にわかりやすいですよ
・ボリジャーバンドは知っておいて間違いないです
基本を押さえた後はこちらを読むべきです

#moneyカテゴリの最新記事